VIO脱毛時の体勢は?恥ずかしくて聞けない疑問を解決

女性のデリケートゾーンの脱毛である「VIO脱毛」。きちんと脱毛ができれば、見た目も美しく、衛生的になり日常生活もしやすくなりますよね。しかし、施術といえども、普段他人に見せない部位を、見せるのは恥ずかしいものです。女性の中にはやはり「丸見えなの?」「どんな格好でやるの?」など不安に思う方も多いでしょう。

そこで今回は、VIO脱毛の体勢について探っていきます。

VIO脱毛で脱毛する部位を確認

まずはVIO脱毛について確認していきます。

VIO脱毛とは、Vライン、Iライン、Oラインの3つの部位の総称です。Vラインはビキニのラインの毛、Iラインは性器周辺の毛、Oラインは肛門周辺の毛のことをいいます。

いずれも、足や脇と違い、普段は下着で隠れている場所なので、人の目に触れることはほとんどありません。ましてや、他人に毛の処理を行ってもらうこともない場所でしょう。

VIOラインの脱毛時の体勢

そんなVIOラインの脱毛を他人に行ってもらうとなると、誰もが恥ずかしさがありますよね。気になるのが、VIOライン脱毛時の体勢。美容クリニックでVIOライン脱毛を受ける際の、一般的な体勢についてV ・I・Oそれぞれみていきましょう。

Vライン脱毛の体勢

まず仰向けに寝て、足を軽く開いた状態で、パンツを履いていない状態で照射します。紙パンツなどを履いている場合、施術者がそのパンツを少しずつずらしながら照射します。

露わになると恥ずかしいと感じる方が多いと思われるため、脱毛時には、紙パンツを履いたり、ワンピースのようなものを着用したり、バスタオルのような大きなタオルを腰に巻いたりすることが多いようです。施術中も全裸になるわけではなく、そのスカートやタオルを適宜まくりながら脱毛が行われることが多いようです。

時には膝を曲げて、施術者が照射しやすくすることもあります。

Iライン脱毛の体勢

Iラインは、性器周辺の毛なので、仰向けに寝た状態だと隠れてしまいます。そこで片方のひざを曲げて、左右あるIラインの毛は片方ずつ照射していくのが一般的です。このときも紙のパンツやタオルなどをまくりあげながら、できるだけ露わにならないよう配慮しながら照射を行います。

Oライン脱毛の体勢

Oラインは肛門周辺の毛なので、お尻を上にする必要があります。体勢はうつぶせや四つん這いになることが多いでしょう。タオルや紙のパンツをめくり、お尻のお肉をずらしながら照射していくことが多いようです。

施術の一般的な流れ

医療脱毛を美容クリニックで受ける際には、主に次のような流れで行われます。着替えなどの工程を確認しておきましょう。

カウンセリングを受ける

医師によるカウンセリングを受け、どの部分を脱毛したいのか、今後の脱毛計画・スケジュールの説明を受けます。また、肌のことについて指導されることもありますし、万が一のことがあった場合の対処法などを聞くこともあります。

着替え

クリニックごとに異なりますが、施術室に移動して着替えをすることがほとんどです。ガウンのようなもの、ワンピースのようなものなどがあります。場合によっては紙のパンツを履くこともあります。VIOライン脱毛の場合は、自分の下着は取って、脱毛するのに備えます。

照射

必要な態勢をとりながら脱毛施術を受けます。

アフターケアや肌の状態チェック

肌の状態を確認し、場合によってはアフターケアや指導が行われます。

どうしても恥ずかしい!対策は?

VIO脱毛の体勢がやっぱり恥ずかしい!というときにはどうすればいいでしょうか。その対策をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

信頼できる美容クリニックで脱毛を受ける

脱毛は、やはり美容クリニックで受けましょう。なぜなら、医師などの有資格者が行うため、信頼がおけるからです。また、施術に慣れているため、恥ずかしさはそれほど感じないでしょう。

よく、お医者さんが聴診器を自分の胸に当てるときに、お医者さんならそれほど恥ずかしくないと感じますよね。それと同じように、脱毛は医療機関で受ければ、必ず医療従事者が行いますから、恥ずかしいという気持ちは薄れるでしょう。

事前に医師に伝えておく

恥ずかしいという正直な気持ちや、「どんな体勢でやるのですか?」などの素直な質問をしておくと、自分が心配していることが相手に伝わります。施術者も気を遣って恥ずかしくないように配慮してくれることでしょう。もちろん、施術者は慣れていますから、本来、恥ずかしいと感じる必要はありません。

アイマスクをつけるクリニックも

中には、脱毛を受ける人が恥ずかしくないように、VIOラインの脱毛を受ける際にアイマスクをつけられるところもあるようです。自分の目に入らないので、「見られている」という恥ずかしさが軽減されます。

気休めかもしれませんが、そこまで配慮が行き届いているという点においては優秀です。そのようなクリニックを選ぶのもいいのではないでしょうか。

【まとめ】VIO脱毛時の体勢は?恥ずかしくて聞けない疑問を解決

いかがでしたか? VIO脱毛の体勢は、思っていたよりも複雑ではなかったのではないでしょうか。仰向け、うつ伏せ、足を曲げるなど、特にむずかしいことはありません。また、経験豊富な医療従事者であれば、何度もVIOライン脱毛を行い、慣れていることもありますので恥ずかしく感じることはありません。対策として、信頼できる美容クリニックを選ぶのがおすすめです。