医療レーザー脱毛のトラブルやリスクについて

今では、ムダ毛の処理に医療脱毛を選ぶのは当たり前になってきています。しかし、まだまだ敷居が高いと感じていたり、肌トラブルが生じたという声を耳にしてちょっと敬遠していたりする人もいるでしょう。

医療脱毛を受けたことでのトラブルは確かに起こることはありますが、美容クリニックでは、きちんと処置がされているものです。また、脱毛を受ける側としても、正しい知識を持ち、起こり得るリスクとその適切な対処法を知った上で施術を受けることが大切です。

そこで今回は、医療脱毛のトラブルをまとめてみました。また、どんなリスクがあるのか知らない方も、すでに知っているものの、あえてまとめておさらいしておきたいという方も、ぜひ確認してみてください。

医療脱毛のトラブルにはどんなものがあるの?

実際に脱毛施術後にはどのようなトラブルが起こる可能性があるのでしょうか。

照射を受けた直後の赤みやヒリヒリ感が起こる

医療脱毛の中でも、医療レーザー脱毛を受けた際には、そのレーザーの強さから肌に影響が及ぶことがあります。例えば、赤みやむくみのようなものが皮膚に現れることもあります。これは、照射後には多くの人にみられることが多いようです。場合によってはヒリヒリすることもあります。

こう聞くと、「レーザーの光って肌に刺激があるの?」と不安になるかもしれません。医療レーザー脱毛で使われるレーザーの光は、肌にダメージが及ぶことはありません。医療レーザーは、黒いメラニン色素にだけ反応するからです。しかし、太い毛が密集している部位などは、どうしても大きな熱エネルギーが発生しやすくなるため、その刺激で隣接している皮膚にも影響が及ぶことがあります。そのため、熱ダメージによって皮膚が炎症を起こしたり、ヒリヒリして火傷したときのようになったり、炎症性浮腫というむくみが起きたりすることがあります。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎とは、白や赤のニキビのようなものが肌にブツブツと現れるものです。皮膚炎の一種で、毛穴に雑菌が入り込んでしまったことで炎症を起こした状態です。

雑菌が繁殖するのは毛穴の奥にある「毛包(もうほう)」というところで、毛根を保護している部分です。なぜ脱毛後に起こりやすいかというと、レーザーを照射した後の肌は肌を守る膜が一時的に弱まる、施術後の誤ったケアなど複合的な要因が考えられます。

硬毛化(こうもうか)

まれに照射から1ヶ月から3ヶ月後に硬毛化が起こることがあります。硬毛化とは毛が硬くなり、濃くなることをいいます。多くの場合、硬毛化起こるのは「産毛が濃くなった」というケースが多いようです。

原因ははっきりとは解明されていませんが、レーザーの光の強さで産毛などの細い毛が活性化してしまうことが原因ではないかと考えられています。硬毛化がよく起こるといわれている部位は、背中から首すじ、肩から二の腕にかけてです。

火傷

医療レーザーによってまれに火傷が生じることがあります。永久脱毛を期待する場合、どうしてもレーザーの出力を強めることになります。しかし、施術者の腕や機械、患者さんの肌の調子によっては火傷になることもあります。実際に医療脱毛クリニックでも火傷は起こる可能性はゼロではありません。

照射漏れ

照射漏れとは、レーザーを当てるのを部分的に当て忘れたまたは、しっかりと照射されていないときに起こるものです。これは施術者の腕によるところが大きいですが、部位によっては熟練の施術者でも当てるのがむずかしく、どうしても照射されないままになってしまうこともあります。

医療レーザー脱毛では、通常のシェーバーなどの自己処理のように行っている最中に毛が目に見えてなくなるわけではありません。通常は、照射してから2~3週間ほど経ってからポロポロと毛が抜け始めることで照射漏れが分かります。そのため、照射漏れに気づくのは照射してから2~3週間後になります。

医療脱毛でトラブルが起きたときの対処法

これらの医療脱毛のトラブルが生じた場合、美容クリニックでは何らかの対応してくれます。よく起こる赤みや炎症に関しては、通常、何もケアしなくとも2~3日で治まるといわれていますが、多くのクリニックでは軟膏が処方されています。毛嚢炎や硬毛化についても同様です。一人で抱え込まず、すぐにクリニックに相談しましょう。

医療脱毛のトラブルを防止するには?

では、どうすれば医療脱毛のトラブルを防止すればいいのでしょうか。もちろん、クリニック選びは肝心です。あらかじめ、どんなトラブルへの対処を行っているのかよく確認するようにしましょう。

また、自分自身でも施術前の体調管理や、施術後の肌ケアを適切に行うことで、トラブルを回避できることもあります。例えば、施術後には正しいスキンケアを行うのは必須といえます。

【まとめ】医療レーザー脱毛のトラブルやリスクについて

医療レーザー脱毛でも、さまざまなトラブルがあるといわれています。トラブルなんて起こらないだろう、自分には関係ないとは思わずに、あらかじめリスクを想定しておくことで、万が一、何かが起きたときにも大ごとにならずにすみます。