レーザー脱毛が痛い理由と脱毛効果との関係

「レーザー脱毛が行えるのは医療機関(病院やクリニック)だけ」と法律で定められているため、レーザー脱毛は医療脱毛の代名詞のように言われることがありますが、一般にレーザー脱毛には「効果はあるが痛い」という先入観を持っている人が多いようです。

なかにはその痛みがイヤで医療脱毛に踏み切れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、医療脱毛はまったくの無痛とは言えません。しかし「痛い」といってもいろいろな程度があります。どの程度の痛みなのか、また、痛みを緩和するためにどのような方法があるのか。今回はそういった「脱毛の痛み」に関する皆様の疑問を解消していただけるよう、説明していきたいと思います。

脱毛の方法と痛みの関係

脱毛には、医療脱毛で用いるレーザー脱毛のほか、毛穴に針を挿入して電気で毛根を破壊する針脱毛(ニードル脱毛・電気脱毛ともいいます)、サロン脱毛に多くみられる光脱毛(フラッシュ式)やワックス脱毛などさまざまな種類があります。

これらの種類のうち、ワックス脱毛は別として、レーザー脱毛・針脱毛・光脱毛はいずれも「毛根組織を破壊することによりムダ毛を生えにくくする(永久脱毛を目指す)」という点で共通しています。

毛根組織も皮膚の一部ですから、これを壊すとなると多少の痛みは避けられないというのが実情です。

ただし、脱毛する部位を冷やす・皮膚麻酔をかけるなど、痛みを緩和するさまざまな方法があります。脱毛の施術を受ける際は、こうした緩和策との組み合わせで、患者様の苦痛や負担を少しでも軽減する措置がとられるのが普通でしょう。

レーザー脱毛 / 光脱毛 出力の強さと痛みに関する誤解

医療脱毛で行われるレーザー脱毛については、「脱毛サロンなどで行われる光脱毛より出力の高いレーザー光を使うため、効果は高いのかもしれないが、痛みも激しい」という誤解があるようです。

確かに医療用に用いられるレーザー照射装置の出力は、脱毛サロンなどで用いられる装置よりも高い出力を備えています。このため、毛根に大きなダメージを与えることで長期的な脱毛効果が期待できます。

また、医療用レーザー装置は医療の専門家である医師が操作することを前提に、それぞれの患者様の肌質や施術部位の状況などを見極めて、強~微弱まで最適に調整したレーザー光を照射できるようになっています。高出力が出せるからといって、むやみに強いレーザー光を照射するわけではありません。

医師は医療の専門家であると同時に脱毛の専門家でもありますから、効果的に脱毛するだけでなく、患者様の痛みを最小限にとどめることにも十分配慮して診療方針を決定します。

このため、痛みはゼロとはいえないものの、「ほかの脱毛法に比べて特に痛い」などということはありません。

レーザー脱毛の痛みの原因は?

小学生の頃、虫眼鏡で太陽光線を一点に集めて、紙を焦がすという実験をしたことはありませんか? その際、紙の白い部分よりも、黒く塗りつぶした部分のほうが焦げやすいという経験をした記憶はないでしょうか。

実は、レーザー脱毛の原理もそれとよく似ています。白い紙は光の反射率が高く、光を吸収しにくいため熱が発生しにくいという性質を持っています。一方、黒い紙は光の吸収率が高い性質を持つため、吸収された光が熱に変換されやすいのです。

これはお肌でも同じことです。ムダ毛やその毛根は黒い色素を多く持っているため、光をあてると発熱しやすくなります。一方、皮膚は毛根に比べると色が白く光を反射しやすいため、あまり熱をもちません。

レーザー脱毛は、このような色の持つ性質を利用して毛根部分にだけ高熱を発生させ、毛根組織をピンポイントで破壊するという仕組みになっています。このため原則として皮膚全体には負担がかからないようになっていますが、それでも毛根周辺のごくわずかな部分には熱が伝わるため、チクッと刺すような痛みを感じることがあります。

レーザー脱毛の痛みの緩和策とは?

このようなレーザー脱毛の痛みを最小限まで緩和するには、どのような方法があるでしょうか。

たとえば、先ほど説明したように医療用レーザー照射装置は非常にデリケートに照射量/照射時間をコントロールできますから、毛根組織だけを破壊し、皮膚まで熱が伝わらないというギリギリの照射量/照射時間を見極めることで、痛みを最小限にとどめることができます。

そのために、あらかじめお肌の痛みを感じにくい部位で照射テストを行うといった配慮もありますし、脱毛を行う部位の周辺を冷却することで肌細胞への熱のダメージを阻止するといった防御策もとられます。

なお、冷却は神経の働きを鈍らせる効果もあり、一石二鳥の効果が狙えます。

さらに、トイトイトイクリニックでは最先端の「ライトシェアデュエット」というレーザーシステムを導入しています。これは脱毛する部位の皮膚を軽く吸引することで毛穴を開き、脱毛効果を最大にすると同時に痛みも緩和してくれるというスグレモノです。

また、「少しでも痛いのは我慢できない。痛みがすごく心配」という患者様のためには、炎症を抑えるための薬を処方したり、医療用表面麻酔クリームを塗ったりという処置もできます。これは医療機関で行う医療脱毛だからこそできる、大きなメリットといえるでしょう。

全身のほとんどの部位で脱毛が可能

人間の皮膚には、たとえば脇の下やデリケートゾーン(VIO)など、皮膚が薄く痛い部位もあれば、ひじ・ひざ下・お腹など比較的皮膚が厚く痛みを感じにくい部分もあります。

レーザー脱毛は先ほど説明したようにレーザー照射量/照射時間ともにきめ細かい調整が可能なため、このような皮膚の厚みや敏感さの度合いに従って、ほとんど全身の脱毛に対応できます。

たとえば鼻下の産毛のような細い毛から男性の太くて硬いヒゲなどの剛毛まで対応でき、そのほか脇、Vライン、Iライン、Oライン(粘膜部分を除く)、腕、足、うなじ、顔(目の周りを除く)、指など、ほとんど全身の脱毛に適しています。

また、太ももや背中、すね、あるいは下半身全体などといった広範囲な部位から、「指だけ」といったピンポイントまで幅広く対応できます。

ただし、ほくろなど、非常にメラニン色素の濃い部分には使えない場合が考えられます。

【まとめ】「案ずるより産むが易し」かも?

ここでは医療脱毛に多く用いられるレーザー脱毛を取り上げ、脱毛と痛みの関係について説明してきました。

レーザー脱毛はあらゆる脱毛法のなかでも「長期間の脱毛効果が期待できる」「医師の意図どおり、きめの細かい脱毛治療が行える」などメリットが多い施術です。

しかしその反面、脱毛サロンなどで提供される光脱毛などよりも高出力であることから「痛みも大きいのでは?」と心配される患者様が多いことも事実。そのため、「痛みはゼロではないけれど、ほかの脱毛法に比べて特に痛いというわけではない」ということを説明してきました。

また、医療機関(病院、クリニック)で行う医療脱毛だからこそ、痛みを抑えるさまざまな緩和策もあるという点もご理解いただけたと思います。

しかし、痛みに対する心配や怖さというのは、理屈でわかっただけでは、なかなか解消できないものだと思われます。

そこでトイトイトイクリニックでは「まず、レーザー脱毛を実際にお試しいただこう」と、初診限定で100円医療脱毛をご提供しています。レーザー脱毛は実際どれくらい痛いのか、効果はどんなものかを実感していただけるでしょう。

そしてもちろん、患者様が納得していただけるまで医師がとことんていねいに疑問に答える「無料カウンセリング」も実施しています。 案ずるより産むが易し。あれこれ思い悩んでいるより、まずは気軽にレーザー脱毛の痛みと効果をお試しで体感してみてはいかがでしょうか。